人工授精でも、自分たちでタイミングをとる意思表示はたいせつ。

自然妊娠の場合、セックスと排卵日のタイミングが合うことが不可欠ですが人工授精においては排卵日と受診日のタイミングを合わせる必要があります。

hCGを使うのは、たくさんの卵を得るという目的だけでなく、排卵日が予想しやすいことがあります。

人工授精の日程をつくりやすいのです。

しかし、排卵日を予測することなら自分たちでもできます。

このことはこちらのサイトにくわしく書きましたが、基礎体温表をつけながら排卵日検査薬を使えば、2、3か月もあれば排卵日を予想することが可能です。

つまり自分たちで排卵のタイミングと人工授精のタイミングを合わせるわけです。

医療機関に対して、「自分たちでも排卵日と受診日のタイミングをとりたい」というような意志表示をすることは治療を受ける側の権利です。

薬を使うにしても、フレアアップを期待してスプレキュアという点鼻薬だけにするとか、クロミッドという飲み薬の排卵誘発剤のみを使うといったやり方も可能なので、医師とよく相談することがたいせつです。

医療機関の中には,人工授精を2日連日でおこなうところがあります。

つまり1回精子を入れるよりは、2回連日でおこなったほうが、より確率は高くなるわけです。

さらに、人工授精をおこなう前日と,人工授精が終わった翌日にセックスをもつようにと指導するのだそうです。

4日連続で精子と卵子が出会う機会をつくろうというわけです。

これでは男性のほうが大変かもしれませんが、要は自分たちも妊活サプリ ベジママを飲むなどして自然妊娠をあきらめないということだと私は思います。

そのようなスタンスでいれば、もし人工授精がうまくいかなくても、自分たちもやるだけのことはやったという気持ちになれるし、体外受精へステップアップするときも、前向きにとらえられるのではないかと思うのです。