インフォレーゼ

最も短期間の影響しか望みできない手段です。

 

ホルマリン溶液に浸したガーゼなどを電極に巻き、ワキの下に当てて電流を流し、アポクリン汗腺の出口を破壊するというメソッドです。

 

このメソッドだとアポクリン汗腺の出口は直ちにに補修されてしまい、成果が持続するのはわずか1~2週間程度。

 

人によっては数日間というケースもあり、単なる一時しのぎに過ぎません。

 

こうしてみると、エステでのワキガ治療はパーフェクトな結果がバックアップされるものではない事がわかります。

元来は永久脱毛を目的としているため、脱毛の影響は水準を満たすまであっても、ワキガを対策する確実な手法ではないのです。

 

痛い考えをする前に、何が自らの目的かを明確させてから治療法を選り抜くべきでしょう。

 

加えて永久脱毛を目的とするエステの理学療法では、ワキ毛まで取り除かれてしまうので、男性にとっては抵抗があるはずです。

 

男性には、ワキガ臭だけを取り去りワキ毛は残せる治療法をベストチョイスします。